人気ブログランキング |

労働者の図書館 -図書館で働く者の義務と権利-

日本の学術雑誌と営業努力

デファクトスタンダードには批判的視点を持ちながら従うべきである、というのが私の考えである。そういったところで反骨精神を出す人もいるけれど、正直うっとうしい。葡萄が酸っぱいと言ったキツネ並みのレベルで意義もなく抵抗しているだけの、つまりほとんどは幼児的な、駄々に近い行為であることが多いか らである。会議などでよく見る、「代替案なき反対者」のような観がぬぐえない。他者の決定事項に従うのはなんとなく癪だから反対する、かといってそれに勝る提案の用意はない、と、ほとんど妨害である。

 インパクトファクター、についてである。
 一私企業の統計をもって公の評価基準とされることへの抵抗感というかアレルギーというものは、まさに日本人的であるといえるだろう。視野を広くもたねば ならない。日本では国家プロジェクトであるロケット打ち上げも、海外では一私企業が、それこそ年間何本も上げていたりするのであるから。少し前に流行った 言葉でいえば、パラダイムシフトが必要であろう。営利企業に公平な判断が下せるのか、というところがもっとも「説得力のありそうな」点の一つであろうが、これは「お上(かみ)」的な視点からでたもので、広く世界を見渡せば、様々な市場の様々な指数、金融機関のランキングなど、非公的機関から出される多様な数字が実際世界を動かしている。これも一種のデファクトスタンダードなのである。あてにならないと考えるものが大勢を占めれば見向きもされないであろうが、何らかの根拠を見出されているから重たく扱わ れているのである。インパクトファクターも同じである。むしろ学術誌に関して、世界に通用する「数字」を日本発で出さなかった、アカデミックにそういった動きがなかったことなどを反省すべきであろう。霞だけを食べていたわけである。

 インパクトファクターは現在約5000誌を対象としている。一方、学術誌は世界に約10万タイトルあるそうである。そして日本には・・・。インパクトファクターを出す某社の日本法人には「ウチのような名門誌がおたくに扱われていないのはどういったことなのか。」といった類の問い合わせが少なくないとい う。信頼できるソースからであるが、次のような回答例を聞いて笑ってしまった。曰く「もちろん“価値があると認められるものであるば”いずれは私どもの耳にも 入りますのでこちらから対象誌とさせて頂くようお願いにあがることになるでしょうが、“そうでない場合は”所定の手続きで登録の申請をして頂いて、審査に通れば登録となります。」
 ・・・つまりは陰に「日本の学術誌の営業努力の欠落」を皮肉っているのである。日本のアカデミックに最も欠けているところをも同時に突いているわけであるが。図書館から見れば機関レポジトリ、というのは最近のキーワードの一つであろうが、意外にその意義を理解する教官は多くなく(特に文系は)、そのメ リット(?)を事務官が教官に説いて回っているという変な状況も発生していると聞く。

 ジャパニーズ・アカデミックの営利活動へのアレルギーを説明するのに私はマックス・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」にヒン トがあるのではないかと、パラパラ読んでは付箋をはさんだりしているけれど、断片的なアイデアを筋道立てて上手に並べるのが難しく、今は近い人間に語って聞かせるのに留まっている。醸造中、といったところだろうか。
# by tombolo | 2005-01-11 11:02 | -Library

巨人の肩の上

RedhatがFedoraでやったように、Solarisも遂に開発をコミュニティに依存する動きを見せている。これに対するTorvaldsのコメントを待っていたが、期待を裏切らないいいものであった。

話中、オープンソースの成功(というよりLinuxの成功)を表すのに「私が他の人より遠くを見ることができたとすれば、それは巨人の肩に乗ったからだ」と言うニュートンの言葉を引用していた。実に謙虚かつ現実的思考をもつ人物である。要するに彼は2つのことを同時に言い表しているのだ。一つは他人が積み上げてきた成果を基礎にして今の自分(Linux)があることを、そしてもう一つは「一刻も早くいいものを安く届けるにはそれしかないでしょう」ということである。理念をいつまで語っていても仕方ないのである。

図書館においては、情報科学技術という「巨人」の肩に乗せて頂いているという意識は薄いと感じる。ITなんて所詮道具、結局それをいかに使うかであって、等と嘯き続けている。つまりは図書館に昔からある業務は形而上的な頭脳労働であって機械にはできない、という発想から抜け出ていない。

体に合った服を買うのではなく体を服に合わせることは、特に技術転換期においては、重要なことなのだ。米国ではもう、24時間チャットによるレファレンスサービス、なんてことが行われているのだ。それを実現するにあたって、開館時間の短縮、つまり直接サービス時間を減らしたといえば驚かれるだろうか。


(参考)
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000050154,20079899,00.htm?tag=nl
# by tombolo | 2005-01-09 00:56 | -Library

インターネット時代とエスペラント語(プロパガンダ展part2)

(草稿-エスペラント語とインターネット共通語である英語の違い-)

 マルクスが予測できなかったのは通信技術(情報伝達)の急速な発展とその影響力であったという。
 事実、ベルリンの壁の崩壊にあたっては反対勢力による無益なクーデター騒動もなくさも自然に行われ、ポストモダンという言葉を出すこと自体いまや少々カッコ悪いのであるが、ソ連邦の終焉に伴い、世界は一つになってしまった。
 経済基盤を押さえられていることもあって、アフリカ世界はまだ西欧への隷属的精神から抜け出ていないが、アラブ世界は相対的にエキセントリック度を増して、ポスト・ソ連邦的存在となっている。アフリカ世界には広島・長崎に落とされた原爆の材料にもなった鉱山資源が豊富にあるが、今のところそれがアラブ世界における石油資源ほど国際政治の切り札にはなっていないようである。
 といってもやはり20年前に比べたら今はやはり世界は一つであるかのように見える。以下、インターネットを眺めて見た結果である。
 結婚相手以外との性的交渉が宗教的に禁じられている国からのポルノコンテンツを求める熱気はすさまじいものがあるし、ユダヤ教徒の14歳の女の子とチャットで話してみれば、聞かれることはSEXの経験談ばかりである。その他音楽でもなんでも、通じない話はあまりない。世界は狭くなったと感じることしきりである。

 プロパガンダ展ではエスペラント主義団体の機関紙も展示されていた。インターネット時代の前に存在した、世界が一つになることができた理想郷、いや環境か。
 インターネットの普及は結局、世界共通語としての言語がデファクトスタンダードとして英語に決まってしまった。言語の違いは多分に独自文化にひもづくものである。ザメンホフのエスペラント語に共感を得た人々は、その新言語に(それ故の)未知の世界を(文化を)見たのではないだろうか。その点、インターネット世界及び世界共通語となりつつある「英語」にないものである。

 フランスの「アカデミー」はもともと、リシュリューらによるフランス語による文化的世界支配構想の上に創設されたものであった。
# by tombolo | 2004-08-09 01:17 | -社会身辺雑記

「プロパガンダ1904-45展」にゆく

a0012620_23514784.jpg
 非常に面白かった。
 残念なことに、この展示に付属図書館の職員は関わっていないらしい。ほぼ教官の仕事によるもの、とのこと。個々の展示物につくキャプションも、歴史思想などの周辺知識も含めて相当の力量がないと書けない内容であったが、そのためか。図書館の世界で、新聞資料にこれほど造詣がある者はいるはずもない。

 8/29まで、とのこと。思わぬ反響に図録も売り切れ、再版予定は今のところないという。図書館で新聞資料に携わっている者なら、行かないとまずいだろう。

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/real/
# by tombolo | 2004-08-08 23:53 | -Library

図書館のゴミ減らし

 図書館コミュニティは他の業種のそれに比べると非常に小さなものであるが、学派?というか研究会やら勉強会が乱立している。

 今までどのグループにも属したことがないのであるが、どれに入ろうか悩んでいるうちに年月が流れて今に至るというのが正直なところだ。いろんなグループのいろんな会誌をバックナンバーから読んで整理してみたところ、8割方が問題提起であることに気付いた。で、問題解決をしたという報告がどれほどあるかと数えてみると、1割もないのである。これに萎えて、未だにどのグループにも入っていない。

 日本は不思議なもので、勉強すればするほど評論家になる傾向があり、問題解決する場から距離をおく。薫り高く「問題提起」を行って現状に一石を投じる人を崇拝する傾向がある。図書館コミュニティでも全く同じである。冒頭に述べたが、こんなに小さな日本の図書館コミュニティでこれほどのグループが群雄割拠している理由が、まさにここにあるのではないかと思われる。問題提起の差別化を図っているうちにこんなに増えたのである。既存のグループの問題提起に満足できない、より「問題提起の上手い」グループの創設が繰り返されてきたのである。
 
 図書館コミュニティで提起される「問題」というのは図書館から出てくるのである。言い換えるなら、自分が出したゴミが臭いと自分で苦情しているようなもんである。ゴミを減らす努力ということで、では問題解決は誰によって担われているのであろう。評論家タイプが多いから解決者が目立たないのか、それともそもそも解決者がいないのか。実務で貢献している人ほど寡黙であるのは何も私の職場ばかりではないだろう。そういった方々が意見を交換しているグループがあれば、おそまきながらぜひ入ってみたいと思う。
# by tombolo | 2004-08-01 20:59 | -Library

ポルノグラフィについて

 我々図書館人はポルノグラフィについて議論を尽くしていない。というか苦手である。女性蔑視などと趣旨の違う議論になってしまうのは、我々がいかにその議論を避けてきたか(慣れていない)ということを示すに他ならない。特に諸外国の事例や姿勢、堂々としたコメントを見る限り、彼らがいかにこの分野で「大人」で、我々がいかに「ウブ」であるかを思い知らされる。
 
 また、何も女性だけが性的に扱われてきたわけでもない。男性はポルノグラフィの中どころか、日常から性的侮辱を受けている。適当な公衆便所を思い浮かべるといい。小便しているところなど、外から丸見えである(女性の便所でこうであったらエライことである)。また、国内外問わず、広場へ行くと少年が幼い性器を露にして衆目の真っ只中で小水を強要させられている像がある。なぜ小便小僧が「小便少女」であってはならないのか。私に製作依頼がくれば、迷わず少女がしゃがんで小水する像を立てるであろう。それをもって社会に一石を投じてみたい。 

 元ヌードモデルがいて、何年かして彼/彼女が自身のヌード写真集が全国の図書館で貸し出されることに精神的苦痛を感じ、図書館に貸し出さないよう申し入れを行うというのもありだ。それを受けて図書館側が「しかしあなたは出版時、見返りとしての対価を受け取っているはずでしょう」ということを理由に申し入れを受け入れないというのもありだ。そして両者が法的に争うこともありだと思う。 

 我々が気をつけるべき点は、図書館の機能によって誰かの人権を侵害していないかどうかという点である。出演者のあるポルノグラフィの場合、これは難しいであろう。時間というファクターも重要となる。若い頃の仕事を、後年何らかの理由で取り下げたいといういこともあるだろう。
# by tombolo | 2004-07-27 13:03 | -Library

図書館のセックスボランティア協力

 ポルノグラフィの収集と貸し出しについてである。障害者のセックスボランティアについては、図書館も参画しなければならないと考える。

(参考)http://www.ashir.net/siis/study/study20.html

 マスターベーションするにも手が動かない人もいる。性器を摩擦する補助をボランティアから受けられたとしても、脳内想像の補助も必要な場合があるはずだ。また、ページをめくる必要のない映像ソフト、いわゆるアダルトビデオもできる限りにおいてコレクションし、求めに応じて貸し出すことが必要だろう。

 難しい話ではない。自分がそういうシチュエーションになった場合を想像すればいいだけである。これまで図書館が貢献できなかった分野である。早速にでもはじめなければならない。
# by tombolo | 2004-07-27 01:37 | -Library

ノーメンクラトゥーラによる図書館経営

a0012620_18395812.jpg
(構築中)
民主主義とノーメンクラトゥーラ(nomenklatura)
虚業と実業
エリート崇拝

---

新潮社WEBサイト「虚と実の狭間を生きる」松本健一/辻井喬より

(松本)・・・中略・・・この人の知的エリート意識には参りました。終わって食事に出たときに、「ところで松本君は何学科?」と聞かれたんですね。「経済学科です」と答えたら、「えっ? 法学部じゃないの」と驚かれましてね。

(辻井) ドイツ法学じゃないと駄目なんだ。

(松本) 法学部で、その中でもランクがある。序列が頭の中にできているんですね。私はその序列の中にいなかった。「それで君は頭が悪いのか」みたいなことを言われました(笑)。
 この小説を読んでいると、そのエリートの木下さんが見えてくるんです。身の処し方は綺麗だけれども、危険を避けているだけとも言える。知識人の脆弱さみたいなものを感じたんです。きっと、エリートの少年時代を送ってきたんだろう、と。
# by tombolo | 2004-07-24 22:23 | -Library

「江国香織」という童話

a0012620_04222.jpg
 江国香織という童話について書いてみたい。
 メディアで見かける彼女は、もはや人間でない気がする。魔女の力で足を得た人魚か、はたまた森を出て街に住む妖精か。自己で意識してやっているかメディアの意図かは分らないが、いずれにせよ宮崎駿氏いうところの人の迷惑顧みず勝手に水溜りにわくボウフラのようにこの世に生まれ出てきた自分自身と同種の生物であると思えない何かがある。「ある」といったが、自然に「ある」のかそれとも誰かが「置いた」からあるのか、それは分らない。
 彼女のように生きたい、そう思う女性の方が多いのだろうか。朝起きて、お風呂につかりながらゆっくり本を読んで、季節のフルーツをおなか一杯食べるブランチ。なるほど、イメージとしては悪くない。
 すべてが童話なのだ。彼女が書く話というより、江国香織という存在そのものが。きれいなものとそうでないもの、素敵なものとそうでないもの、その2つ「のみ」からなる仮想世界があることを前提に描かれた童話である。そう捉えたほうが、むしろ彼女の存在がリアリティを持つ。
# by tombolo | 2004-07-21 20:12 | -社会身辺雑記

司書の適正な労働量と勤怠のあり方

a0012620_131146.jpg

 「毎月25時間も残業するなんて耐えられない!!」
 と同僚のおばさんから愚痴を聞く。「XXさんは採用試験を受けるとき,何を図書館に期待していたのですか?」とはさすがに聞けなかった。
 世の中おそらく、給料なんか適当でいいし、残業も気にならないから図書館で働いてみたい、という人はいっぱいいると思う。そういう人に図書館に来てもらうにはどうすればいいのだろうか。
# by tombolo | 2004-07-18 13:13 | -Library